海外の優良な書籍を紹介・翻訳してくれるところが、

渡部昇一さんに感謝したいところですね。




尊敬される国民 品格ある国家 |渡部 昇一 /岡崎 久彦

尊敬される国民 品格ある国家尊敬される国民 品格ある国家
渡部 昇一 /岡崎 久彦
ワック 刊
発売日 2002-06
価格:¥924(税込)




マナーのいい本 2004-04-24
哲学者であるヒュームは、自分の処女作が売れなくても、マター(内容)が悪いんじゃなく、マナー(書き方)が悪かったんだ、と思って自分の英語を磨いたといいます。
このことは、渡部昇一さんのある本に書かれています。
この本は、実にマナーがいい本です。
頭にキーワードがつきささってきます。この本には、トリビア的なことも書いてます。安岡正篤さんが、「平成」の年号の発案者だったと。
「へぇー」が20いきますね。
ちなみに、安岡正篤さんに運命的な出会いをしたというのが、六星占術の細木数子さん。
安岡さんに出会うことで、六星占術は人間学まで高められたと、細木さんの本に書かれています。
さらに言えば、『トリビアの泉』の曲は、堂島孝平さんが作ったそうです。


■続きを読む


この記事は2006/5/30に作成しました。

【渡部昇一の経歴】
1930年生まれ。

大学卒業後、ドイツ、英国に留学。

上智大学講師、助教授、教授を歴任して退職。名誉教授。




あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら