海外の優良な書籍を紹介・翻訳してくれるところが、

渡部昇一さんに感謝したいところですね。




日本史から見た日本人 鎌倉編―「日本型」行動原理の確立 |渡部 昇一

日本史から見た日本人 鎌倉編―「日本型」行動原理の確立
渡部 昇一
祥伝社 刊
発売日 2000-07
価格:¥600(税込)




いうことを聞かないと元が来るぞ! 2004-05-04
 この本で一番面白かったのは、「この世で一番怖い“モッコ”」の件りだ。 僕も東北の田舎で生まれ育ったのだが、著者より三十歳ほど年下である。その僕が子供の頃、悪いことをしたり、いうことを聞かなかったりすると「元が来るぞ!」といって脅かされた覚えがある。著者は旧制中学の時、頼山陽の「蒙古来」を読んで感激したそうだが、僕も小学生の頃、北条時宗の伝記を何度も何度も繰り返し読んでいた。 著者の歴史と考古学の違いに関する主張には全く共鳴するし、五回の国体変化という捉え方も二千年に亘る日本史の流れを掴む上で「○○時代」という括り型よりも本質に直結していると思う。
 この「鎌倉編」も「古代編」同様、ぐんぐん読み進むことが出来、しかも得るところが多いし、とにかくまず面白い。


■続きを読む


この記事は2006/5/30に作成しました。

【渡部昇一の経歴】
1930年生まれ。

大学卒業後、ドイツ、英国に留学。

上智大学講師、助教授、教授を歴任して退職。名誉教授。




あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら